グルコースのブログ

思ったことや好きで勉強したことなどを紹介します。

応仁・文明の乱(戦争の日本史9)レビュー

こんにちは、グルコースです。

応仁(おうにん)の乱、皆さん名前はご存じかと思います。

ただ、なんとなく概要は知っていても、なぜこの戦いが起きて、どのように戦いが推移し、終結したのかを詳しくご存じない方もいるのではないでしょうか。

特に応仁の乱は、戦いが起きた理由について、将軍家の後継者争いが原因という間違った理解をしている(教わっている)人が多いようです。かくいう私も、そのように教わった一人でした。

今回紹介するのは、そんな人にお薦めの本です。 ハードカバーで読み応えはありますが、応仁の乱の本当の原因と、戦いの推移、終結までを詳しく知ることができると思います。

もし、最初からハードカバーはちょっと、という方は、こちらでレビューしている「マンガ 日本の歴史22 王法・仏法の破滅ー応仁の乱」などを先に読んだ方が挫折しないで済むかもしれません。

alphaglucose.hatenablog.com

応仁・文明の乱(戦争の日本史9)

概要

戦争の日本史シリーズの「応仁・文明の乱」です。

応仁の乱は、1467年に、室町時代の京都で起きた戦いで、日本全国から集まった約数十万の軍勢が細川勝元(ほそかわ かつもと)率いる東軍と山名宗全(やまな そうぜん)率いる西軍とに分かれて約10年間戦い続けたものの、決定的な勝敗はつかずに和睦により終結しました。また、この戦いにより、京の都は多くの地域が焼け、一時酷い有様となりました。これ以降、日本各地で戦いが続く時代に入ることから、戦国時代の始まりとなる出来事とされています。ただし、戦国時代の始まりについては、別の出来事を挙げる説もあるようです。

前述の通り、応仁の乱は、戦いが起きた理由について、間違った理解をしている人が多いようです。

よく言われるのは、室町幕府(むろまちばくふ)の将軍である足利義政(あしかがよしまさ)が、弟の義視(よしみ)を後継者にしようとしたのに対し、義政の奥さんの日野富子(ひのとみこ)が息子の義尚(よしひさ)を後継者にしようとしたことで争いが起こった、というものです。

しかし今では、これは「応仁記」という書物の創作で誤りとされており、実際には、将軍家ではなく、管領(かんれい)という将軍の補佐をする役目を担ってきた家の後継者争いが、戦いの主な原因とされています。

この本では、前述の「応仁記」の、将軍の後継者争いが応仁の乱の原因としている点について、事実ではないことを説明した上で、三管領(さんかんれい)と言われる、代々管領を出してきた3つの家のうち、畠山(はたけやま)家、斯波(しば)家の家督争いが主な原因であるとしています。

そして、この応仁の乱が起きるまでの理由を、当時の第8代目将軍の足利義政の時代だけでなく、第6代目将軍の足利義教(よしのり)の時代にまで遡って、丁寧に説明しています。

また、なぜ「応仁記」が、将軍の後継者争いが原因であるかのように書かれているのか、についても簡単に触れられています。

戦いの経緯についても詳しく説明しており、初期の守護大名(しゅごだいみょう)同士の戦いから、足利義政・義視の東軍入り、足利義視の西軍への寝返り、そして和睦までの流れが、大体時系列順に説明されています。

戦いの後については、1493年の明応の政変(めいおうのせいへん)まで書いてありますが、それまでの内容に比べると簡単に触れる程度です。

なお、本のタイトルが「応仁の乱」ではなく、「応仁・文明(ぶんめい)の乱」なのは、戦いの始まった応仁の年号は3年までで終わり、残りの期間の年号が文明であるためです。

私の独断と偏見による、この本に向いていると思われる人と向いていないと思われる人はこちらです。

この本に向いていると思われる人

  • 応仁の乱は、将軍家の後継者争いが原因と思っていた(教わった)けれど、そうでないとしたら本当の原因を詳しく知りたい人。

  • 応仁の乱の戦いの経緯について、詳しく知りたい人。

  • 学術的な根拠も含めて、応仁の乱を勉強したい人。

この本に向いていないと思われる人

  • 文字ばかりの本は眠くなる人。

  • 登場人物の誰か一人に焦点を当てて見たい人。

  • 応仁の乱とかどうでもいい人(笑)

この記事を読んで、もし興味を持っていただけたら、ぜひ読んでみてください。